町丁名由来看板 Place name origin sign

麹町一丁目(Kojimachi 1-chome)

麹町一丁目(Kojimachi 1-chome)

作家・荒俣 宏

麹町(こうじまち)は、江戸城の西に位置した半蔵門(半蔵門)から外堀四谷御門(よつやごもん)にいたる道筋、現在の麹町大通り(新宿通り)沿いに誕生した町である。

 江戸時代には半蔵門の正面に麹町一丁目、以下、聖イグナチオ協会付近が十丁目となり、あとは四谷御門の外から新宿に向かい、十一丁目から十三丁目まであった。江戸城の守りとなるこのあたりは、半蔵門から見て右手に番長(ばんちょう)の旗本(はたもと)屋敷、左手に但馬(たじま)豊岡藩〈京都〉京極家や播磨(はりま)明石藩松平家、近江(おうみ)彦根藩井伊家などの大名屋敷があった。その中央をつらぬくように走る麹町の通りは、四ツ谷(よつや)、内藤新宿(ないとうしんじゅく)を経由して甲州(こうしゅう)路につながり、沿道には武家屋敷の御用を調達する商家が並んでいた。江戸の町屋ではもっとも古い地区の一つで、幕府の麹御用を勤めた麹屋三四郎が一丁目の堀端に住んだことから「麹町」の名が起こったといわれている。ほかに竹屋、魚屋、西瓜(すいか)屋、乗物屋、太物(ふともの)〈綿・麻布〉屋などが有力な店もあって、日本橋の商家に対抗する勢力を誇ったといわれる。

 しかし麹町の由来はさらに古く、上古にあっては豊島宿〈もとの江戸宿〉から府中の国府(こくふ)を往来する国府街道の、江戸城における出入口であった。すなわち国府路(こうじ)の街であった。よって、元来は「国府路町(こうじまち)」となり、元禄(げんろく)年間(1688~1704)に麹屋をはじめ、呉服商の岩城升屋などの有力な商屋の繁栄を見るようになってから、「麹」が当てられたと考えられる。

 かつて国府に行く道の始点があったことと、半蔵門から江戸城内を通って竹橋(たけばし)に抜ける道〈代官町通り〉の出入口であったことから警護も厳しく、幕末に「桜田門外の変」が起きた際には半蔵門竹橋間は一般の往来も禁止された。明治維新後、多くの大店は大名旗本の没落と運命をともにした。

 明治二年(1869)に東京府が五十番組に区分され、麹町一丁目は第二十三番組に所属し、明治四年(1871)に大区小区に再区分されて第三大区第二小区の一部となった。次いで明治十一年(1878)に十五区制となり「麹町区」として分立した。さらに太平洋戦争後、昭和二十二年(1947)に隣接の神田区と統合し、千代田区内の町となり現在に至っている。

 麹町は武家地と町人地とが隣り合う江戸の中枢であった。その性格は今も継承され、国会、官庁、裁判所、大使館、そして皇居に囲まれた商業地として、賑(にぎ)やかだが品格ある町並みを回復した。政治・文化・商業のミックスされた、ユニークな町である。内堀沿いの風景も美しい。いつまでもこの景観が保たれることを願う。


Kojimachi-1-chome

This neighborhood was the site of a shop making koji, a product used in the fermentation of soy and rice wine, as well as stores dealing bamboo, fish and textiles.

 Another theory on the origin of the name is that this place was the gateway to Ko, in today’s Fuchu, and it came to be known as “the road to Ko.” Or koji in Japanese.

 Another theory on the origin of the name is that this place was the gateway to Ko, in today’s Fuchu, and it came to be known as “the road to Ko.” Or koji in Japanese.

関連記事一覧