町丁名由来看板 Place name origin sign

飯田町(Iidamachi)

飯田町(Iidamachi)

かつてこのあたりは千代田村と呼ばれるのどかな農村でした。ここに飯田(いいだ)という地名が生まれたのは、徳川家康(とくがわいえやす)が江戸にやってきてからのことです。

 天正(てんしょう)十八年(1590)、江戸に入府した家康は、千代田村とその周辺を視察します。このとき案内役を買って出たのが、村の住人飯田喜兵衛(きへえ)でした。「所(ところ)の巨細(こさい)と申上(もうしあげ)〈土地のことについて、細かく詳しく申し上げた〉」〈『新撰東京名所図会(しんせんとうきょうめいしょずえ)』より〉という喜兵衛の案内に感心した家康は、彼を名主(なぬし)に任命し、さらに地名まで「飯田町」とするように命じたのです。以来、江戸の町の開発が進み、この界隈(かいわい)に武家屋敷がひしめくようになっても、飯田町という名前は残りました。ただし江戸時代の武家地は町名をもたなかったため、飯田町は通称として使われていました。  飯田町が正式な町名となったのは、元飯田町や周辺の武家屋敷などが、飯田町一~六丁目に再編された明治五年(1872)のことです。ここには飯田町三丁目と同四丁目などが誕生しました。昭和八年(1933)になると、区画整理によって飯田町三丁目の東側と同四丁目の南側、同五丁目の一部などが、新たに飯田町一丁目となります。さらに、昭和四十一年(1966)、住居表示の実施により、飯田町一丁目は、飯田橋一丁目、同二丁目などに再編されました。ちなみに、目白通りに対して西側は飯田橋一丁目に、東側は飯田橋二丁目に区分けされ、現在に至っています。


Iidamachi

This area was once a farming village called Chiyoda Mura.

When the future shogun Ieyasu Tokugawa came to Edo in 1590, he was guided through this area by a man named Kihe’e Iida, and named the area after him. In the Edo period, it was lined with homes of samurai.

飯田町町会

関連記事一覧