名所看板 Famous place sign

千鳥ヶ淵(Chidorigafuchi)

千鳥ヶ淵(Chidorigafuchi)

千鳥ヶ淵は、江戸城の築城にあわせて、内堀の一部として造られました。

千鳥ヶ淵という名の由来は、かつて半蔵門あたりまで拡がっていた濠が、羽根を広げたチドリの形に似ていることからといわれています。

 明治34年(1901年)道路建設で分断されたことにより今の形になっています。千鳥ヶ淵を含む内堀一帯は、旧江戸城の一部として、昭和38年5月に文化財保護法による特別史跡「江戸城跡」に指定されています。

千鳥ヶ淵周辺の桜は、明治31(1898)年に当時の駐日英国公使のアーネスト・サトーが英国大使館前にソメイヨシノを植えたという記憶があり、その多くは昭和30年頃の植栽に始まります。現在では写真に示すように、千鳥ヶ淵のほか、英国大使館前、北の丸公園、九段坂などでも観ることが出来ます。

 桜の種類はほとんどがソメイヨシノですが、一部にヤマザクラ、サトザクラ(関山、垂れ桜など)があります。

Chidorigafuchi was built as part of the Uchibori to match the castle of Edo Castle.

The origin of the name Chidorigafuchi is said to be similar to the shape of a plover with wings spread out, which once spread around Hanzomon.

It has become the present form because it was divided by road construction in 1901. The Uchibori area, including Chidorigafuchi, was designated as a special historic site “Edo Castle Ruins” by the Cultural Properties Protection Act in May 1963 as part of the former Edo Castle.

The cherry blossoms around Chidorigafuchi have the memory that Ernest Sato, the then British ambassador to Japan, planted Yoshino cherry trees in front of the British Embassy in 1898, many of which began around 1955 The At present, as shown in the photo, you can see it at Chidorigafuchi, the British Embassy, Kitanomaru Park, Kudanzaka and other places.

Most of the cherry blossoms are Yoshino cherry trees, but some of them are Yamazakura and Satozakura (Sekiyama, Weeping cherry tree).

【サトザクラ・関山】

 古くから知られたサトザクラの代表的な品種です。花は大型の八重咲き、色は濃紅色であでやかな美しさがあります。このあでやかさが外国でもこのまれ、海外にも広く植えられています。樹勢は強健で生長も早く大木となります。

[Satozakura / Sekiyama]

This is a representative variety of Satozakura that has been known for a long time. The flowers are large double blooming, the color is deep red and has a beautiful beauty. This fascination is rare even in foreign countries, and it is widely planted overseas. The tree is strong and grows quickly and becomes a big tree.

【ソメイヨシノ】

花は、薄紅色で、葉より先に密集して咲き、全枝が花にうずまるさまは、真に絢爛豪華です。この品種は江戸時代末期、江戸染井村(現在の豊島区駒込)の植木屋が『吉野桜』と称し、売り出したのが始まりで、その後、桜の名所、吉野山のヤマザクラと区別するため、『ソメイヨシノ』の名がつけられました。

[Someiyoshino]

The flowers are light red and densely bloom before the leaves. At the end of the Edo period, the vineyard of Edo Someimura (now Komagome, Toshima Ward) called “Yoshino Sakura” and started selling it. The name “Someiyoshino” was given.

【ヤマザクラ】

 ヤマザクラは、我が国に自生する桜の中でももっとも代表的な種類です。里山の雑木林に転々と咲き、春を代表とする風景になってきました。そのため、古くから詩や歌に詠われ親しまれてました。花の色や開花の時期と違い、芽出しの色の違い等ソメイヨシノと違い、木ごとの特徴も好まれています。

[Yamazakura]

Yamazakura is the most representative kind of cherry blossoms native to Japan. Blooming in the forests of satoyama, it has become a landscape that represents spring. Therefore, it has been loved by poetry and songs since ancient times. Unlike Yoshino cherry, such as the color of the flower and the time of flowering, and the color of the budding, the characteristics of each tree are also preferred.


関連記事一覧