町丁名由来看板 Place name origin sign

小川町一丁目(南部)

小川町一丁目(南部)【Ogawamachi 1-chome(Southern district)】

小川町一丁目(南部)

江戸時代、小川町(おがわまち)は神田の西半分を占める広大な地域をさす俗称でした。

古くは、鷹狩(たかがり)に使う鷹の飼育を行う鷹匠(たかじょう)が住んでいたことから、元鷹匠町(もとたかじょうまち)と呼ばれていましたが、元禄(げんろく)六年(1693年)に小川町と改称されました。五代将軍綱吉(つなよし)が「生類憐(しょうるいあわれ)みの令」を施行、鷹狩を禁止したため改称されたという話も伝わっています。

小川町の名前の由来は、このあたりに清らかな小川が流れていたからとも、「小川の清水」と呼ばれる池があったからともいわれています。江戸城を築いた室町時代の武将太田道灌(おおたどうかん)はその風景を「むさし野の小川の清水たえずして岸の根芹(ねぜり)をあらひこそすれ」と詠んで(よんで)います。

安政(あんせい)三年(1856年)の絵図にも見られるとおり、この界隈(かいわい)には旗本(はたもと)で寄合(よりあい)の近藤左京(こんどうさきょう)、同じく旗本で寄合の津田英次郎らの屋敷がありました。慶応(けいおう)三年(1867年)のころには、武家地のほかに雉子町(きじちょう)や四軒町(しけんちょう)といった町が見られ、職人の町として移り変わっていきました。

明治五年(1872年)、雉子町は周辺の武家地を編入し、西側の四軒町は美土代町四丁目(みとしろちょうよんちょうめ)となります。雉子町には、俳人正岡子規(まさおかしき)が勤めていた日本新聞社のほか、書店や印刷所、銭湯などがありました。美土代町四丁目には、新聞雑誌取次所や産婦診療院、踊指南所(おどりしなんじょ)などがありました。

大正十二年(1923年)の関東大震災後、震災復興都市計画により、町の様子や町名も改変します。昭和八年(1933年)、ここに小川町一丁目(おがわまちいっちょうめ)が誕生しました。さらに昭和二十二年(1947年)、神田区と麹町(こうじまち)区が合併して千代田区が成立すると、町名も神田小川町一丁目となりました。

Ogawamachi 1-chome(Southern district)

In the Edo Period, the name Ogawamachi was used to indicate a huge area comprising the side of Kanda. The name came from a body of water in the area, which was featured in a poem written by a famous warlord. High-ranking samurai once lived here, and in the Edo period it became a town of craftsmen.

関連記事一覧