町丁名由来看板 Place name origin sign

淡路町二丁目(Awajicho 2-chome)

江戸時代、この界隈(かいわい)は、武家屋敷が立ち並ぶ地域でした。古い絵図を見ていくと、永井信濃守(ながいしなののかみ)の屋敷が松平伊豆守(まつだいらいずのかみ)の屋敷となり、のちに若狭小浜(わかさおばま)藩酒井家の上屋敷(かみやしき)(藩主の邸宅)となっています。

明治五年(1872年)、ここに神田淡路町二丁目(かんだあわじちょうにちょうめ)という名前が正式に付けられました。町名の由来とされる淡路坂(あわじざか)は、鈴木淡路守(すずきあわじのかみ)の屋敷があったことにちなんでいます。

明治のはじめ、現在の淡路公園の場所に、明治後期の日本を代表する知識人が輩出した共立(きょうりつ)学校(のちの開成(かいせい)学園)が創設されます。正岡子規(まさおかしき)や南方熊楠(みなかたくまぐす)などもここで学んでいます。また町内には一時期、「たけくらべ」「にごりえ」などで知られる女流作家で、歌人でもあった樋口一葉(ひぐちいちよう)も住んでいました。

淡路町は文化の町となり、その進取の気風は町並みにも表れていました。大正末期から昭和初期にかけては、昌平橋(しょうへいばし)近くに活動常設館(映画館)の名門である神田シネマパレスがあり、多くの人でにぎわっていました。

明治八年(1875年)に開校して以来、地域コミュニティのシンボルであった淡路小学校は、平成五年(1993年)に統合され、117年の歴史に幕を閉じました。その跡地には平成二五年(2013年)に再開発によって、新たな地域コミュニティの核となる「WATERRAS」(わてらす)が完成しました。

Awajicho 2-chome

In the Edo Period this was the location of the homes of many high-ranking samurai.It is recorded that one of them, Suzuki Awaji-no-kami, gave the name to the town.In the early Meiji Period, a school was established on the site that is currently occupied by Awaji Park.It produced many leading intellectuals of the late Meiji Era.In the former site, “WATERRAS” as the core of a new local community was completed by redevelopment in 2013.

関連記事一覧