町丁名由来看板 Place name origin sign

神田元岩井町(Kanda-Motoiwaicho)

この界隈(かいわい)はかつて神田元岩井町(かんだもといわいちょう)と呼ばれていました。岩井町という名前は、代々徳川将軍家の御用鎧(よろい)師をつとめた岩井家の屋敷があったことに由来するとされています。

この町は、もともと湯島(現在の文京区)にありましたが、天和(てんな)二年(1682年)の大火で付近一帯が焼け野原となりました。そこで幕府は焼け出された人々にこの地を町人地として与え、ここに岩井町が誕生したのです。

ところが享保(きょうほう)年間(1716年~1736年)、この岩井町も火災にあってしまいます。こんどは柳原土手(現在の神田須田町二丁目、岩本町三丁目、東神田二丁目周辺)が被災した町人に与えられました。このとき、柳原土手に移った人々は、町名を「柳原岩井町」と定めます。一方、移転せずに残った人々は、“こちらが元からある岩井町”という意味を込め、町名を「元岩井町」としたのです。

江戸時代の元岩井町には、金物を扱う商人などがいたようです。文政(ぶんせい)七年(1824年)に書かれた「江戸買物独案内(えどかいものひとりあんない)」には、釘(くぎ)や銅物などを扱う鉄物(かなもの)問屋・三河屋が町内にあったことが記されています。現在も岩本町二丁目と一丁目を分ける道が「神田金物通り」と呼ばれるのは、その名残なのでしょう。

昭和四十年(1965年)、住居表示の実施にともない、神田元岩井町は、神田松枝町(かんだまつえだちょう)、神田大和町(かんだやまとちょう)などとともに、岩本町二丁目(いわもとちょうにちょうめ)となりました。

Kanda-Motoiwaicho

It is said that this town named Iwaicho after an armorer. It was relocated here after a fire in 1682. Another fire led many people who remained added “Moto”(original) to the name.

関連記事一覧