町丁名由来看板 Place name origin sign

神田須田町一丁目(Kanda-Sudacho 1-chome)

江戸の町の整備が本格的に始まったのは慶長(けいちょう)年間(1596年~1615年)に入ってからのことです。それまで、須田村と呼ばれていた神田川周辺も、農村から町人の町に生まれ変わりました。しかし、昔からの地名は残されたようで、明暦(めいれき)三年(1657年)の「新添江戸之図(しんてんえどのず)」には「すた町」と記されています。

江戸時代の須田町は、現在の神田須田町一丁目とだいたい同じ範囲を指していたようです。また、文政(ぶんせい)七年(1824年)の「江戸買物独案内(えどかいものひとりあんない)」を見ると、江戸期の町内には、菓子屋や薬屋、塩や油を扱う問屋、神具や仏具を売る店など、さまざまな商品を扱う店があったことがわかります。現在の町内にも、東京都選定の歴史的建造物に指定されるような老舗(しにせ)の商店が数多く営業しています。

さらに明治以降、数多くの繊維関連の問屋が軒(のき)を連ねるようになりました。その理由について、専門家のなかには、神田川南岸の柳原(やないはら)土手(現在の和泉橋付近)で江戸期に開かれていた古着市(ふるぎいち)の伝統を引き継いだためと考える人もいます。

つまりこの周辺は、江戸期以来の“商い(あきない)の町”としての伝統が、いまだに生き続けている土地なのです。

Kanda-Sudacho 1-chome

In the early 17thcentury, this area was transformed from an agricultural village called Suta-mura into a town of merchants and artisans. In the Edo Period, there were many candy shops and pharmacies, as well as salt and oil wholesalers selling Buddhist altar articles. There are still many stores in business that have been designated as historical buildings by the Tokyo Metropolitan Government.

関連記事一覧