町丁名由来看板 Place name origin sign

神田松枝町(Kanda-Matsuedacho)

この界隈(かいわい)は、昭和四十年代のはじめまで神田松枝町(かんだまつえだちょう)と呼ばれていた。松枝……松が繁っていた土地、というわけではなく、江戸城の大奥にいた「松ヶ枝」という老女中の名に由来する、という説がある。よほど有能な人だったのか、彼女に屋敷地としてこの一帯の土地が与えられ、宝永(ほうえい)二年(1705年)ころから町の呼び名になったという。

旧松枝町あたりを中心にして、江戸のころまで、「お玉(たま)が池(いけ)」という広大な池があったらしい。桜の名所だったことから、当初は「桜ヶ池」と呼ばれ、池畔(ちはん)に茶屋が建っていた。「お玉」というのは、この茶屋にいた看板娘の名前で、「江戸名所図会(えどめいしょずえ)」によると、あるとき「人がらも品形(しなかたち)もおなじさまなる男二人」が彼女に心を通わせ、悩んだお玉は池に身を投じてしまった。亡骸(なきがら)は池の畔(ほとり)に葬られ、そんな伝説から名が付いたという。現在、そのゆかりの「お玉稲荷(いなり)」がマンションの狭間(はざま)にぽつんと残っている。

景勝地・お玉が池の周辺には、江戸の文人や学者が多く暮らしていた。その一人である伊東玄朴(いとうげんぼく)ら蘭方医(らんぽうい)たちが尽力して、安政(あんせい)五年(1858年)、種痘館(しゅとうかん)(のちに幕府直轄(ちょっかつ)の種痘所(しゅとうじょ)となる)を設立する。このお玉が池種痘所が、いまの東大医学部の出発点、なのだという。種痘所跡を記す碑が、町内の交差点と少し南方の加島ビル(一階は反物問屋)の所にある。

周辺をじっくりと散策してみたところ、ほかにも「お玉」の面影を残す“物件”を見つけた。「お玉湯」という銭湯。ビル一階の銭湯だが、湯につかると往時のお玉が池の風景が想い浮かんできそうである。それともう一つ、種痘所跡の石碑の真ん前にあるウナギ料理屋の看板に、「あ玉が池」なるメニューを発見した。入って味わってみたところ、これは「お玉」にひっかけて、ウナギの頭を唐揚げにした珍味。店内には先の「江戸名所図会」に描かれた「お玉が池」の絵が飾られ、その名を付けたミニチュアの池まで設けられている。ちなみにこの店は弘化(こうか)二年(1845年)創業の老舗(しにせ)だが、店を始めた当時、すでにお玉が池は埋めたてられていたそうだ。

泉 麻人

Kanda-Matsuedacho

Up until the 1960s, this area was known as Kanda-Matsuedacho. It is said that the name derives from that of an old maid, Matsugae, who once worked in the inner palace of Edo Castle. The land in this area was granted to her to use as a residence, and began being called by this name in around 1705. Up until the Edo Period, it is said that there was a charming pond here called Otamagaike.

関連記事一覧